企業法務とは何か

最近では良く聞くようになった言葉として「企業法務」というものがあります。
実はこの企業法務というのは、本来は法律的な用語ではありません。
あくまでも便宜的に使われているものです。
企業法務の意味する所は「企業経営を行うにあたって必要となる、法律に関する知識と、それに基づいた倫理の共有、及び組織としての情報収集や体制構築」というものです。

法律を理解していることは大前提として、その上で企業として労働者や他社に対して倫理的に対応出来る組織的な環境が整っていることが求められるわけです。
ただ、この企業法務という考え方が、今のように発達したのは最近のことです。
特に最近の発展を助けているのがインターネットによる力でしょう。
今や、企業内部における悪評なども、簡単にインターネットを通じて日本中、ないしは世界中に広がるようになりました。
今まで企業の成果として生産販売される物品さえ良いものであれば売れる、という時代が続いてきましたが、この情報共有が容易になったことによって企業法務が整っていないことが世間に知られると「物は良いが、あの企業のものだから買うのは控えよう」と考えられてしまう可能性があります。
組織的ではない不買運動、サイレントクレームを招く大きな原因となってしまうわけです。
このように、企業法務が実際に会社にとってデメリットを回避する手段となったことによって、急激な発達を遂げることとなりました。
では、企業法務の歴史と発展について紹介します。